2021年12月02日

かぶの収穫

9月の終わりに、かぶのお母さんから小さな命を預かった3歳児りす組さん。
小さな命(種)を大切に畑に植えました(9/28のブログに様子は記載)
かぶちゃんと名付けていつもお世話をしたり優しくお話ししたり、
愛情たっぷりに育ててくれました。
そのかぶちゃんがついに収穫の日を迎えました!!
image0.jpeg
前日に届いたかぶちゃんのお母さんからの手紙には、たくさんの感謝の言葉が書かれていました。
そして、早く抱っこしてあげてほしいこと、お風呂に入れてあげてほしいこと、
そして、美味しく食べてもらうことが野菜にとって一番の幸せだということ。
image3.jpeg
畑で収穫しに行ったある男の子が、まずかぶを見て「かわいい〜触ってごらん、かわいいでしょ〜」と優しい笑顔で言っていました♡
image2.jpeg
image1.jpeg
image4.jpeg
そしてかぶを引っ張り、かぶちゃんが見えると、
「かわいい〜 お風呂入れてあげようね」と。
赤ちゃんから育てた子どもたちに、お母さんのような愛情が育ち、命の尊さを感じ取れていたのだと
実感した瞬間でした。
image0 (2).jpeg
さっそく園庭に戻って、あたたかいお風呂できれいに洗ってあげていました。
責任を持ってお世話する姿が印象的でした☆
posted by 六ッ川みどり保育園 at 11:18| 日記